下げ相場は元気の源 - ロシア株情報局-Антенна-

下げ相場は元気の源


世界的に、株価が下がっているようです。
今日はこのことについて語りたいと思います。

これが正常な動き


主に日米で、つまり世界規模で調整が徐々に入っているそうです。
筆者はこの動きを歓迎します。
一番危険なのは、一切の調整も入らず、不気味にも上がり続け、突如断崖絶壁のような急落、いわゆる"ガラ"に繋がることだと考えているからです。
適度な調整は、絶対にあるもので必要不可欠です。
聖杯のようなMSTTですら調整は度々行われています。

飛んだのは短期投資家たち


現在の調整は、主に短期勢と呼ばれる方々が利確を実施したことによって引き起こされていると見られています。
短期勢の多くはプロやセミプロの方で、彼らは常にプレイヤーであり続けています。
暫くすれば、間違いなく舞い戻ってくる者たちです。
また、それだけではなく、調整らしい調整がなかったので、入るに入れなかった長期勢や、新規に近い方々がタイミングを今か今かと待っていることでしょう。

アップデート


世界的に、株の世界に参入される方が一気に増えたように感じます。
筆者は、もっと全体的に調整が入り、これらの事象も加味した新しい相場が構築され、リニューアルスタートがされる日を待っています。
それは、個々の株にとってバイタリティを増加させる形となり、脆くない株式相場が誕生することを意味すると考えているからです。
本当に、この調整がやってきて良かったと思っています。
来なければ、適切なアップデートがなされず、何かの拍子に衝撃を受け、そのまま脆く崩れ去り底なし沼の再来となってしまうからです。
尤も、先日のコラムで触れたように、そう簡単にはキッカケは出てこないでしょうが、相場自身のバイタリティを作り上げておくというのは大切なことでしょう。

そして、恵みの雨


新規参加者の中には、こうした下落を初めて見る人もいるでしょうが、余程の地雷銘柄でない限り、しれっとしておくのが一番です。
畑と同じで、カンカン照りの日が続いていて危なかったところに、ようやく雨が降ってきて水分補給が出来ているところです。
米株を保有されている方の中には、残念なことに「損切りしました」と、去っていきました報告をブログや他の方のブログコメントでしている方もいます。
あくまで私の主観ではありますが、最悪のタイミングで損切りしたのではなかろうか、と感じる方もいます。
もちろん銘柄にもよるのですが、短期で考えていなければ、切るにしてもマシなところでやればいいのにと感じることが多いです。
逆に短期の方は、さっさと切ってしまうところにメリットがあり、動かすことが出来る資金を手元に素早く戻し、機会を逃さなくて済むというものがあるのですが、そうでない方がされているのを見ると、自身のことでないにしても悲しくなります。
あからさまにやらかしていない限り、自身が手にした銘柄を、もっと信用してもいいのではないでしょうか。

※ただし、日本を除く


日本株は、正直読みが難しいのではないでしょうか。
どちらかというと日本株は投機的な動きが強く見え、ときには上場廃止が確定した銘柄を使って遊び始めたりもします。
もう詰んでいることが確定しているのに、その株価が上がり続けるという現象もありました。
こうした現象も起きる日本株市場は「超長期投資家で滅多に相場をチェックしないお年寄り&国内短期投資家&エグい機関投資家&冒険的な海外投資家」で主に構成されているように感じ、その値動きも海外と比べ難しいと言われています。
筆者自身、日本株は難しすぎて最低限しか触れていませんし、今後もきっとそうでしょう。
また、長期的に保有するにあたり、今後の人口減などのことも踏まえて考えると、リスクが少なくないように感じます。
なので「調整は恵みの雨だ、歓迎しよう!」と長々と語りましたが、この項目を付け足しておきます。

まとめ


明日や来月ではなく、長期保有するなら年単位で見ましょう。
順調に調整が行われていて、ここ最近の上昇時よりも嬉しさと安心を感じています。
みなさんの株も、落ち着く場所を探し、腰を下ろして、グングンと成長していくことを心より願っています。
にほんブログ村 株ブログ ロシア株へ

  • スポンサーリンク

  •  

    赤い十月

    Author:赤い十月

    ロシア株とともに生きる。

    ロシア株を広めるボタン

    にほんブログ村 株ブログ ロシア株へ

    月別アーカイブ

    加筆・修正履歴

    2017年12月6日
    中東は荒れ模様」を追記し、情報源を追加しました。

    2017年12月3日
    「銘柄情報一覧」に記載漏れがあった銘柄を追加しました。ご迷惑おかけしました。

    2017年11月22日
    「今日のソビエトコーナー」を「今日のロシアコーナー」へと名称変更しました。

    2017年11月21日
    ロシアの祝日(2018年版)を加筆しました。

    2017年11月21日
    銘柄情報一覧にて、ティッカーコードを併記しました。

    2017年11月18日
    注意銘柄一覧に【GTSS】と【TANL】を追加しました。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR