ラスパドスカヤ石炭(RASP) - ロシア株情報局-Антенна-
FC2ブログ

ラスパドスカヤ石炭(RASP)


ソビエト生まれの石炭銘柄、ラスパドスカヤ石炭を紹介します。

株データー



(チャートはJust2Trade.onlineによるMT5を介したデータです)
下記情報公開日:2017年11月18日
正式名:ラスパドスカヤ石炭
ロシア語正式名表記:Распадская
ロシア語略名:Распадская
ティッカー:RASP
創設:1973年
公式HP:http://www.raspadskaya.ru/
P/E:6.04
P/S:1.95
P/B:0.00
EV/EBITDA:6.35
Vol:1.57M
配当利回り:無し
取引株数単位:10株
国内証券会社での取扱:有り (HS証券)
コメント:かつて荒い動き。ヨコヨコの癖も強い。無配。十分な取引高。

基本情報


HS証券でも手に入れられる石炭株です。
最新の設備を持ち、採掘量が飛躍的に向上しているのですが、既にそれらが完全に反映された上での株価と現在はなっているように見えます。
これから入ろうと思う方々にとっては、この最新設備による採掘効率の向上は、そこまでは大きな材料にならないのかもしれません。
主な取引先にウクライナがあり、これが少し不安の種に感じます。
傘下に20を超える子会社があり、魅力の一つに数えられるでしょう。

無配が痛い


1973年生まれの炭鉱銘柄です。
その歩んできた歴史としては、ソビエト生まれだがインパクトに欠ける、といった感じでしょうか。
20を超える子会社と、石炭銘柄というポイントに、このラスパドスカヤ石炭は魅力を放つかもしれません。
公式としても、ソビエト色を出すこともなく、また、ナイナイにしているわけでもないという無難な立ち位置を維持しています。
かといって、株としての見所があるのかというと、そうでもなく、目に見えた地雷かというと、取引高がそれに対し「НЕТ(NO)」と答える。
せめて、配当があればと感じる銘柄です。

持つときは少なめに


それでも、ソビエト生まれの石炭銘柄というのは、魅力を感じるところがあります。
幸いにも、ラスパドスカヤ石炭は10株単位で取引が可能です。
かなりの急上昇をしていなければ、日本円換算で2千円ほど準備していれば手に入れられます。
しかし、HS証券で購入するとなると、同額レベルか、それ以上の手数料がかかることでしょう。
それではもったいないので、持ちたいと思ったときは、Just2Trade.onlineの口座を開いたときに、ついでで購入するか、あるいは、口座維持のための取引用銘柄として認識しておくのが良いでしょう。
これなら、手元にラスパドスカヤ石炭を持つことが出来る上、手数料も安く抑えられ、かつ、J2Tの口座維持にも役立ちます。
もちろん、石炭銘柄に大きなこだわりが無ければ、持たないという選択肢も十分にアリだと思います。
石炭銘柄ゆえに、需要に関して少々不安であり、厳しい局面を迎えるかもしれないからです。

まとめ


無理して手に入れる銘柄でもないと思います。
余力や機会があるときに、記念購入という位置付けで手にするのが、無難でしょう。
石炭銘柄を手にしたい気持ちは、筆者も同じですが、今はそれがベターなような気がします。
にほんブログ村 株ブログ ロシア株へ

  • スポンサーリンク

  •  

    赤い十月

    Author:赤い十月

    ロシア株とともに生きる。

    ロシア株を広めるボタン

    にほんブログ村 株ブログ ロシア株へ

    加筆・修正履歴

    2018年8月17日
    注意銘柄一覧を更新しました。

    2017年12月6日
    中東は荒れ模様」を追記し、情報源を追加しました。

    2017年12月3日
    「銘柄情報一覧」に記載漏れがあった銘柄を追加しました。ご迷惑おかけしました。

    2017年11月22日
    「今日のソビエトコーナー」を「今日のロシアコーナー」へと名称変更しました。

    2017年11月21日
    ロシアの祝日(2018年版)を加筆しました。

    2017年11月21日
    銘柄情報一覧にて、ティッカーコードを併記しました。

    2017年11月18日
    注意銘柄一覧に【GTSS】と【TANL】を追加しました。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR