ロシア株への投資の仕方【国外編:パート1】 - ロシア株情報局-Антенна-

ロシア株への投資の仕方【国外編:パート1】


前回はロシア株に投資できる、国内の証券会社を紹介しました。
続いて、ロシア株に投資できる国外の証券会社を紹介する前に、国内と国外の株取引に関する大まかな違いを紹介していきたいと思います。
海外と国内の株取引の中で、一番気をつけておいた方が良い違いは、投資のスタイルにあります。
あくまでこれは、私が調べていく上で感じたことですが、海外ではレバレッジを効かせて取引を行う、いわば信用取引やCFD取引が主流となっています。
国内では現物取引、レバレッジを一切効かせない長期保有取引が主流なので、海外の証券会社で基本的なスタイルとして提示されている料金表やプラン、短期取引を繰り返すことが前提として規約が組み込まれているのを見て困惑するかもしれません。
登録をする際には、必ずドキュメントを片っ端から読み込んでおきましょう。
国内の感覚で、適当に読み飛ばしたりしてはいけません。
中には、半年間一度も取引が行われなかった場合、口座を休眠口座へと切り替え、一年間取引が一度も行われなかった場合、アカウント消去という海外証券会社もあるのですから。

料金の特徴について、もう少し触れておきましょう。
国内では、口座維持費などはかからず、代わりに株取引時に生じる金額が国外と比べて少し高めに設定されていることが多々ありますが、国外では真逆です。
口座維持費がかかることもあり、取引手数料に関しては、日本よりも大きな要素として見られています。
また、この口座維持費は、取引時にかかった手数料で相殺される形となっており、取引手数料が口座維持費に届かなかった場合にのみ徴収されるスタイルもあります。
配当金に関しても同様で、自動払込ではなく、決済時にまとめて受け取る形式も存在しています。
海外証券会社を利用した、配当金生活を夢見ている人は特に注意が必要で、利用しようとしている海外証券会社の、配当金受け取りシステムをしっかりと調べておくことが肝心です。

取引の仕方そのものにも違いがあります。
ロシア株を取り扱う海外証券会社では、主にサイト上での取引ではなく、ツールを使った取引が中心です。
米株の場合、トレステなどを使った取引もありますが、ロシア株の場合、QUIKというツールを使って取引を行うこともあります。
このQUIKですが、証券会社によっては使用料を毎月求めてくることもあるので、注意が必要です。
また、QUIKのリスト上では、銘柄名が自身の知っている名で載っていないこともあります。
使用する際には、ゆっくり落ち着いて、銘柄名を突き合わせて特定していくと良いでしょう。
QUIK以外にも取引ツールが多くあり、MT5もその一つです。
MT5は主にFXなどで使用されるツールでもあるので、ロシア株をされる方の中には警戒心を抱く人もいるかもしれません。
しかし、使い勝手は悪くなく、証券会社選びと自身のプラン設定などが間違っていなければ、心強い味方となってくれることでしょう。

サポート体制も、国内とは大きく違います。
まず、メールよりも携帯電話に重点を置いたシステムになっており、特にCメールを活用しています。
そのため、海外の証券会社で登録を行う際には、このCメールが届くかどうかが鍵となります。
残念ながら日本の場合、このCメールがあまり海外を意識していないのか、海外の証券会社によっては「送信エラーが起きました」とされて先に進めなくなる事態も少なくありません。
また、日本の場合は、ログインしたことをお知らせする機能は、基本的にはメールでの配信となりますが、海外の証券会社ではCメールでお知らせすることもあります。

サポート体制に関する次の特徴は、チャットと電話です。
日本国内のサポート体制といえば、こちらから電話をかけたり、メールを送ることがメインとなりますが、海外の証券会社では、サイトのトップにサポートチャットがあり、そちらから問い合わせをすることが出来ることもあります。
また、日本国内では、こちらから電話をかけて問い合わせることが多いですが、海外の証券会社では、メールで問い合わせ等をしていると、突然電話をかけてくることがあります。
ためらいはあまりないような感じで、普通に英語などでかかってきます。
しかし、英会話力が皆無に等しい私でも何とかなったので、そこまで構える必要はないでしょう。

文化の違いと言いますか、壁は確かに存在します。
しかし、その壁の向こう側には大きな果実があるかもしれません。
リスクを承知し、大きな壁を乗り越えて行くか、はたまた、国内で充実した戦略を練り立てていくかは、貴方次第です。


にほんブログ村 株ブログ ロシア株へ

  • スポンサーリンク

  •  

    赤い十月

    Author:赤い十月

    ロシア株とともに生きる。

    ロシア株を広めるボタン

    にほんブログ村 株ブログ ロシア株へ

    月別アーカイブ

    加筆・修正履歴

    2017年12月6日
    中東は荒れ模様」を追記し、情報源を追加しました。

    2017年12月3日
    「銘柄情報一覧」に記載漏れがあった銘柄を追加しました。ご迷惑おかけしました。

    2017年11月22日
    「今日のソビエトコーナー」を「今日のロシアコーナー」へと名称変更しました。

    2017年11月21日
    ロシアの祝日(2018年版)を加筆しました。

    2017年11月21日
    銘柄情報一覧にて、ティッカーコードを併記しました。

    2017年11月18日
    注意銘柄一覧に【GTSS】と【TANL】を追加しました。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR