ロシア・イラン・トルコによる三者会談の結果 - ロシア株情報局-Антенна-
FC2ブログ

ロシア・イラン・トルコによる三者会談の結果


先日お伝えしていた三者会談によるコメントが発表されました。

シリア内戦がテーマ


詳細はスプートニクの記事で見ることが出来ます。
内容は、三カ国のシリア危機における貢献と今後の確認といった感じでしょう。
しかし、これは大きな出来事だと筆者は見ています。
シリア危機において、トルコは反政府軍との関係がありました。
そしていま、シリア政府軍側と手を握っています。
プーチン大統領は「シリア国民はシリアの未来を自分で作り上げるべきだ」と述べていますが、アサド政権支持の姿勢は変えないでしょう。
エルドアン大統領は、そのことを理解した上で手を握っていることでしょうから、今後は政府軍側としての色を濃くしていくことでしょう。

反政府軍はどう動く?


トルコという大きな拠点が危ぶまれることになった反政府軍ですが、頼みの綱はいよいよサウジを経由しての米国からの支援になることでしょう。
また、プーチン大統領が語る通り、シリア危機における一定の決着はついたものの、まだ戦闘自体は続いています。
今後はダーイシュではなく、いよいよ反政府軍との戦いが焦点となると思われます。
にほんブログ村 株ブログ ロシア株へ

  • スポンサーリンク

  •  

    赤い十月

    Author:赤い十月

    ロシア株とともに生きる。

    ロシア株を広めるボタン

    にほんブログ村 株ブログ ロシア株へ

    加筆・修正履歴

    2018年8月17日
    注意銘柄一覧を更新しました。

    2017年12月6日
    中東は荒れ模様」を追記し、情報源を追加しました。

    2017年12月3日
    「銘柄情報一覧」に記載漏れがあった銘柄を追加しました。ご迷惑おかけしました。

    2017年11月22日
    「今日のソビエトコーナー」を「今日のロシアコーナー」へと名称変更しました。

    2017年11月21日
    ロシアの祝日(2018年版)を加筆しました。

    2017年11月21日
    銘柄情報一覧にて、ティッカーコードを併記しました。

    2017年11月18日
    注意銘柄一覧に【GTSS】と【TANL】を追加しました。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR