米株で話題、ネットの中立性はロシアにも影響するか? - ロシア株情報局-Антенна-

米株で話題、ネットの中立性はロシアにも影響するか?


2017年7月12日、Google、Amazon、FBは「ネットの中立性行動日」として、キャンペーンを展開しました。
しかし、雲行きは非常に怪しいです。

どんだけオバマ嫌いなの?


現地時間の11月21日、FCCのパイ委員長が、ネットの中立性規定の撤廃を勧告しました。
これに合わせて、12月14日に撤廃するかどうかの採決が行われます。
このネットの中立性は、オバマ政権時代に築き上げられたもので、今日のオンラインにおける快適さを保証している重要なものと筆者は感じています。
これによって、各種オンラインサービスは元気良く成長を続けていられるのではないかとも思うのです。

解せぬ


現在、米株界を牽引している一角として存在感を示しているのは、最先端を走るオンライン企業たちです。
この撤廃の動きがどこまで彼らにダメージを与えるかは不明ですが、利用者としても、彼らの株を持つ者たちも不安になることでしょう。
無論、ネットインフラ環境を提供する側の言い分もあることでしょう。
しかしなぜ、改正案ではなく、撤廃と極端な舵取りをしたのか、筆者には疑問でなりません。

ロシア株への影響は?


いつでも常に、というわけではありませんが、ロシア株は米株の動きに影響されることがあります。
万が一、TやVZなどを除き、全体的に米株が下がった場合、一時的にロシア株もつられて下がる可能性があります。
しかし、どこまでいっても、例え万が一の展開だとしても、それは小中規模のショックであり、一時的なものとして終わることでしょう。
それでも気になるものもは気になるので、筆者は静かに、12月14日という日付を覚え、チェックしていきます。
にほんブログ村 株ブログ ロシア株へ

  • スポンサーリンク

  •  

    赤い十月

    Author:赤い十月

    ロシア株とともに生きる。

    ロシア株を広めるボタン

    にほんブログ村 株ブログ ロシア株へ

    月別アーカイブ

    加筆・修正履歴

    2017年12月6日
    中東は荒れ模様」を追記し、情報源を追加しました。

    2017年12月3日
    「銘柄情報一覧」に記載漏れがあった銘柄を追加しました。ご迷惑おかけしました。

    2017年11月22日
    「今日のソビエトコーナー」を「今日のロシアコーナー」へと名称変更しました。

    2017年11月21日
    ロシアの祝日(2018年版)を加筆しました。

    2017年11月21日
    銘柄情報一覧にて、ティッカーコードを併記しました。

    2017年11月18日
    注意銘柄一覧に【GTSS】と【TANL】を追加しました。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR