注意銘柄一覧 - ロシア株情報局-Антенна-
FC2ブログ

注意銘柄一覧


各国内証券会社で掲載されている注意銘柄を統合し、私のコメントや情報も付け加えてみました。
この記事は随時更新していく予定ですが、ロシア株を取引をされる際には、必ず各証券会社の注意銘柄一覧に目を通して下さい。
ここに掲載されている内容が古くなっている可能性もあります。(極力、そうならないよう防ぎますが)
また、ここに掲載されている銘柄以外=安全な銘柄というワケではありませんので、必ずご自身でよく調べてから投資を行って下さい。

2018年08月16日更新
【廃止】

【Мотовилихинские заводы (MOTZ)】 (2018年8月16日追記)
2017年8月に破産し、そのまま上場廃止となっているようです。
暫くの間は(勘違いの可能性もかなりありますが)取引がチラホラしていたような気がするのですが、少なくとも現在は
完全に取引高が無くなり、上場廃止となっています。
長きに渡り、ソビエト・ロシアを支えてきたMOTZですが、背信行為が発覚し、大きな代償を背負っております。
残念です。

【Челябинский цинк. завод (CHZN)】
筆者の私が目にして、不安を抱く銘柄の一つです。
取引高が非常に少なく、今後の行き先に不安があります。
CHZNは古くからある亜鉛メーカーであり、純度99.995%以上の特殊高級亜鉛を製造するメーカーでもあります。
SZPRよりは取引が行われているようですが、取引高が非常に少ない銘柄特有の、荒い値動きをしています。
レバレッジを効かせた、ハイリスクな取引をする方であればチャンスに感じるかもしれませんが、そうでなければ、極めてリスクの高い銘柄かもしれません。

2018年8月16日追記:武運拙く、CHZNは上場廃止が決定してしまいました。
ただ、具体的な上場廃止日は未定となっています。

【AvtoVAZ (AVAZ)】(2018年8月16日追記)
ルノーがAVAZの株式持分83.5%を取得し、ロシア国内における
法規定により、2018年9月10日から公開買付けが決まりました。
買付け価格は12.40RUBです。
…たとえ微益が生まれるとしても、これは非常に残念です。

【DIXY Group (DIXY)】(2018年8月16日追記)
上場廃止が決定し、強制買取へ。
2018年9月10日に買い戻しが適用されます。

【Уралкалий (URKA)】 (2018年8月16日追記)
非常に残念ながら、流動性の低下などを理由に上場廃止議案が臨時株主総会にて承認されました。
廃止日は未定です。

【UTair航空 (UTAR)】
2014年7月4日の役員会で上場廃止を決定…したはずでした。
2017年11月7日現在、続報はなく、SBIでは注意銘柄から外されています。
HS証券では、注意銘柄に引き続き掲載されています。

2018年8月17日追記:HSの注意銘柄からも外されました。




【廃止の恐れアリ】

【RBC (RBCM)】
将来、強制買取の恐れがあります。
HS証券では買取申し込み終了。

2018年8月17日追記:現在、一応取扱銘柄にて存在を確認。
危険性は依然として高いものの、取扱自体は受け付けていると思われます。

【PIKグループ (PIKK)】
将来、強制買取の恐れがあります。
HS証券では買取申し込み終了。

2018年8月16日追記:現在、通常通りに取引が行われている模様。
HSでは注意銘柄から解除され、おそらく通常通りに取得売却が行われているのではないでしょうか。

【HALS-Development (HALS)】
市場流動性が低下、上場廃止リスクが高まっています。
HS証券では、現在は通常通りに取り扱い中です。
SBIでは新規買付を停止しています。




【不安高し】

【Сев.-зап. пароходство (SZPR)】
筆者の私が目にして、不安を抱く銘柄の一つです。
取引高が息をしておらず、今後の行き先に不安があります。
SZPRは海運会社であり、グループ内に造船企業や補修基地を保有しています。
一応、取引自体は行われているようですが、大丈夫なのでしょうか。
事業内容や伝統、歴史には光るモノがあるので、息を吹き返してもらいたいところです。

2018年8月16日追記:取引高は相変わらず高くはないですが、堅調な動きをしています。
あとは、安定した取引高さえあれば、という感じです。


【Соликамский магн.завод (MGNZ)】
筆者の私が目にして、不安を抱く銘柄の一つです。
取引高が息をしておらず、今後の行き先に不安があります。
MGNZは世界最古のマグネシウム製造メーカーであり、ソビエトから賞を受けたこともあります。
しかし、取引高がダメになっているだけでなく、一部サイトではデーターが表示されないということもあり、この組み合わせは非常に危険かと思われます。
配当もなく、割安でもなく、また、著しい上昇を見せているということでもないので、高リスクな銘柄と言えます。
もちろん、伝統や事業内容には光るモノがあるのですが…。

2018年8月16日追記:ひたすら下がり続けていますが、現時点では生存を確認。
元気を取り戻してくれることを願うばかりです。

【ЧКПЗ (CHKZ)】
チェリャビンスク鍛造プレス工場の略で、車両部品製造メーカー。
筆者の私が目にして、不安を抱く銘柄の一つです。
取引高が本当に息をしておらず、今後の行き先に大変不安があり、既に上場廃止した可能性まであります。
2017年10月30日を最後に、様々なツール上でチャートが途切れています。

2018年8月16日追記:相変わらず低い取引高と不安定さが目立っていますが、現時点では少なくとも生存を確認。
まだちょっと、手を出すのに躊躇いが出る銘柄…かもしれません。

【Челябэнергосбыт (CLSB)】
筆者の私が目にして、不安を抱く銘柄の一つです。
取引高が非常に少なく、今後の行き先に不安があります。
CLSBは、南ウラルを支える電力企業で、戦時中も奮闘していた過去があります。

2018年8月16日追記:相変わらず低い取引高が目立っていますが、現時点では少なくとも生存を確認。

【ГЕОТЕК Сейсморазведка(GTSS)】(2018年11月18日追加)
MOEX公式HPには変わらず掲載されていますが、現在はロンドン市場での取引限定(LSEティッカー:IGSS)となっています。
公式HP上でも、GTSSとしての取り扱いは無くなり、ロンドン市場のみでの紹介となっています。

【ТАНТАЛ(TANL)】(2018年11月18日追加)
2017年11月16日15時に、30RUBをつけたところで現在取引が止まっています。
取引が再開されたとしても、上場廃止の危険性があります。

2018年8月16日追記:現時点では少なくとも生存を確認。
下げ気味ではあるものの、重大な危機的状況ではないようには…思えます。




【その他】

【Irkut Corp (IRKT)】(2018年8月16日追記)
【Irkutskenergo (IRGZ)】(2018年8月16日追記)
SBIでは、現地規制(おそらく米国による制裁強化の影響)により新規買い付けが停止しており、売却注文のみとなっています。
HSでは特段触れられていませんが、更新されていないだけの可能性が若干ですが、あります。
ただし、イルクートグループ自体にガタがきているワケではなく、また、SBIにおいても
「買付けは出来ないが、保有し続けることは可能」との返答を頂いているので、既に保有されている方は特段、この規制に関しては気にかけなくても良いかと思われます。

【レッド・オクトーバー (KROT)】
HS証券の注意銘柄情報にて、上場廃止の可能性がある、とのことです。
しかし、2017年11月7日現在、通常通りの取引が行われ、むしろ、10月25日に418RUBをつけて以降、順調に底値を切り上げていく形で上昇しています。
2017年11月7日23:20現在は445RUBです。

2018年8月16日追記:その後、下げ続けて現在307RUBをつけています。
しかし、取引は行われ続けております。
現在、HSを介してモスクワに問い合わせ中。

2018年8月17日追記:モスクワより回答がありました。
上場廃止の危機を脱しており、HSはレッドオクトーバーを注意銘柄から削除しました。
にほんブログ村 株ブログ ロシア株へ

  • スポンサーリンク

  •  

    赤い十月

    Author:赤い十月

    ロシア株とともに生きる。

    ロシア株を広めるボタン

    にほんブログ村 株ブログ ロシア株へ

    加筆・修正履歴

    2018年8月17日
    注意銘柄一覧を更新しました。

    2017年12月6日
    中東は荒れ模様」を追記し、情報源を追加しました。

    2017年12月3日
    「銘柄情報一覧」に記載漏れがあった銘柄を追加しました。ご迷惑おかけしました。

    2017年11月22日
    「今日のソビエトコーナー」を「今日のロシアコーナー」へと名称変更しました。

    2017年11月21日
    ロシアの祝日(2018年版)を加筆しました。

    2017年11月21日
    銘柄情報一覧にて、ティッカーコードを併記しました。

    2017年11月18日
    注意銘柄一覧に【GTSS】と【TANL】を追加しました。

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR